2010年06月10日

菅内閣発足 参院選勝敗ライン「50議席」(産経新聞)

 菅直人首相(民主党代表)の親任式と閣僚の認証式が8日夜、皇居で行われ、民主、国民新両党連立の菅内閣が発足した。首相は同日夕、首相官邸で記者会見し、「強い経済と強い財政と強い社会保障を一体として実現する」と表明。新政権について「参院選で審判を受けることになる」と述べ、16日が会期末の国会の延長の是非を見極めた上で参院選に全力を挙げる考えを示した。

 首相は衆参同日選の可能性を否定した上で、参院選について「6年前、岡田(克也)代表の下の参院選でいただいた議席がベースになる」と述べ、平成16年の参院選で民主党が獲得した50議席が勝敗ラインになるとの認識を示した。

 鳩山由紀夫前首相の退陣の引き金となった米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題については「日米間の合意に基づいて進めなければならないが、同時に沖縄の負担軽減にも真摯(しんし)に全力を挙げて取り組まなければならない」と述べ、25日からカナダで開かれるサミット(主要国首脳会議)でオバマ米大統領と会談する考えを示した。

 民主党の小沢一郎前幹事長について「しばらく静かにされているのが、ご本人を含めてみんなのためにもいいのではないか」と指摘。小沢氏の衆院政治倫理審査会出席については「党の中で最も重要な役職である幹事長を自ら退いた。一定のけじめではある。国会の問題であり、他党の主張も聞きながら判断したい」と述べた。

 財政再建については「規模や時間においてもどうあるべきなのか。党派を超えた議論をする必要がある」と語った。

 首相の記者会見に先立ち、仙谷由人官房長官が閣僚名簿を発表。17閣僚のうち、新任は野田佳彦財務相や蓮舫行政刷新担当相ら6人で、岡田克也外相、前原誠司国交相、亀井静香郵政改革・金融相ら11閣僚が再任された。

 小沢氏と距離を置く「民主党七奉行」では仙谷、岡田、野田、前原の4氏に加え、玄葉光一郎政調会長も入閣。枝野氏も党幹事長に就任し、「脱小沢」路線を印象づけた。

<ギャラクシー賞>発表と贈賞式行われる(毎日新聞)
<気象庁>震度速報が未配信 (毎日新聞)
「弘道会壊滅」警察庁長官指示 本部長会議(産経新聞)
寒暖の差激しく、多雨=春の天候まとめ―気象庁(時事通信)
民主・小林議員の辞職決議案提出=4野党(時事通信)
posted by アサミ セイゾウ at 12:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。