2010年05月27日

首相「社民の理解を求める」(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は27日夜、米軍米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題の政府の対処方針に関し、社民党が閣議での署名を拒否していることについて「3党連立の中でご理解をいただけるよう最大限の努力をしたい」と強調した。首相官邸で記者団の質問に答えた。

 社民党党首の福島瑞穂消費者・少子化担当相が署名を拒否した場合に罷免する可能性について「まだ、そのようなことは一切考えていない」と述べた。28日に発表する日米共同声明に明記する移設先を、政府方針で触れない方向となったことに関しては「共同声明と考え方は1つだ。それに基づいて閣議で結論を出す。矛盾はない」と語った。

【関連記事】
首相、福島氏罷免「まだ一切考えていない」
署名拒否なら首相発言も 官房長官が日米合意の修正は否定
福島氏「辺野古、県内に明確に反対」 社民が最終局面で対応協議
一触即発…深まる溝 ボルテージ上げる福島氏
究極の二枚舌 鳩山政権の無責任体質を象徴

後藤組元組長に逆転有罪…ビル所有権虚偽登記(読売新聞)
国道側溝に男性の切断遺体=胴体と両足、死体遺棄で捜査―新潟県警(時事通信)
<口蹄疫>「忠富士」育ての親 何とか生き延びてほしかった(毎日新聞)
両陛下が植樹祭出席=神奈川(時事通信)
鳩山首相「ぶら下がりより記者会見を活用したい」(産経新聞)
posted by アサミ セイゾウ at 22:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。