2010年06月15日

<無賃乗車>JR東海の関与社員は85人 解雇含む処分実施(毎日新聞)

 JR東海の駅などに勤務する社員がIC乗車券を不正に利用して無賃乗車を繰り返していた問題で、同社は9日、不正乗車にかかわった社員は85人だったと発表した。同社は5人の解雇を含め全員を処分したほか、厚地純夫営業本部長ら幹部34人の管理監督責任も問い減給などの処分を科した。民営化後では最大規模の大量処分という。

 4月に桑名駅で7人の不正が発覚し、同社はIC乗車券が使えるようになった06年12月以降について社内調査を進めていた。その結果、23駅で新たに78人の無賃乗車が判明した。処分された社員は19〜54歳で、無賃乗車の回数は延べ662件、1人最高は108回。1人当たりの不正金額は4万2160〜130円で、計25万2930円だった。

 不正の方法はJR東日本の「スイカ」などのIC乗車券で他社の路線に乗り、職場のJR東海の駅で業務用の社員パス「職務乗車証」で降りるやり方。駅窓口でIC乗車券の記録を消し、他社の運賃を支払っていなかった。解雇された5人は、通勤手当を受給しながら定期券を購入せずに無賃乗車をしていたという。

 被害を受けたのはJR東日本、JR西日本、近鉄、小田急、都営地下鉄など10社で、JR東海は無賃乗車料金の3倍を弁済したという。

 会見したJR東海の柘植康英副社長は9日の会見で、無賃乗車した社員が85人にも上ったことに「正直、ここまでとは想定していなかった」と苦しい表情を見せた。特に25歳以下の若手社員が70人に上っただけに「入社直後の教育が必要」と苦い表情だった。

 同様の不正は、JR西日本で04年9月「イコカ」を使った60人の無賃乗車が発覚。同社によると、それ以降は同じIC乗車券で複数回の記録消去が出た場合は調査するようにしており、その後の無賃乗車の発覚は3件という。JR東日本も、不正がないか現在調査中という。【黒尾透】

【関連ニュース】
キセル乗車:西武鉄道社員36人を処分へ
JR西:イコカ不正利用の駅員解雇
キセル乗車:相鉄が車掌解雇 定期券の入出場記録不正操作
不正乗車:JR西、イコカ不正利用の駅員を懲戒解雇
西武鉄道社員キセル問題:19人が155万円不払い 個人で弁済へ

中3、漫画120作を発売前YouTube投稿 入手経路を捜査(産経新聞)
りそな銀、2億5000万円納付漏れ=収入印紙60万枚分―大阪国税局(時事通信)
マンモ検診の無料クーポン券を発行−対がん協会(医療介護CBニュース)
「武富士」副社長宅に銃弾か=脅迫文とともに届く―警視庁(時事通信)
誤ってCO2噴霧、3人救助=マンション駐車場―東京・四谷(時事通信)
posted by アサミ セイゾウ at 15:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。